So-net無料ブログ作成

WaT、解散の話し合いはたったの15分!松ちゃんから解散真相探られ「静かに行かせて!」 [芸能・話題]

2月11日に解散するWaTの小池徹平とウエンツ瑛士が、5日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。
10.jpeg
徹平は、解散を目前にして、ウエンツに対しての不満を漏らした。
WaTとして活動して10年。
解散に関してはふたりでちゃんとは話をしていないという。
実際に活動したのは5年ほどで、個々の仕事を優先していた。
坂上忍から「ぶっちゃけ相方のウエンツに不満はあったの?」と聞かれて、「不満は多少…音楽的な不満なんで…」と、少々言いにくそうに口を開いた徹平。
音楽に対しての姿勢は、徹平の方が真面目で、「(ウエンツは)いろんな楽器に手を出す」と、アコースティックギターをはじめ、ベース、ドラム、ピアノ、ダンスなどあらゆるものに手を出していた。
「あくまでもボクらはフォークデュオ。ダンスをやっとるんですよ、最終的に…」と不満を漏らした。
浜田雅功が「話し合いした?」と聞くと、小池は「ちゃんとはしてなくて。僕らは10年やってるけど、5年間活動していない。それぞれ個々の仕事をしていて、しかも成立してしまっていた。なかなか時間が合わない。僕は役者に比重を置いていたので音楽で100%出し切るというのがすごく難しくなってきた」と説明した。ちなみにその話し合いはたったの15分だったという。
松本はSMAP解散騒動の渦中にあった中居に「絶対に解散してはいけない」と伝え、存続の一因になったとされている。WaTの解散につながる真相をしつこく探ろうとする松本に対し「解散6日前ですよ。これ以上ことを荒立てるな、と!」とウエンツが突っ込んで笑いを誘った。
やっぱりウエンツはバラエティーが合ってきたしトークが上手になってきましたね[わーい(嬉しい顔)]


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。